本文へ移動

SKICON-200EX-USB

皮表角層水分量測定

製品の特徴

皮膚の表面を柔らかく滑らかに保つ働きをするカギを握っているのは、角層の水分含有量です。その柔らかさや滑らかさの情報を知るには全体の角層の水分量ではなく、表層の角層の水分含有量を知ることが重要です。表皮に近い中層から下層では、いつも十分に安定した水分が保たれているため、情報として必要なのは表層の角層の水分含有量です。この表層の角層の水分測定を可能にしたのが高周波をもちいた交流電流に対する電導度(Conductance;単位=μS)を測定する方法です。高周波電流は物の表面を流れ易く、また電導度と水分含有量の間には密接な相関関係がありますから、これにより表層の角層の水分含有量を鋭敏に迅速に知ることが出来ます。また直流、低周波電流はイオンに対して大きく影響を受けますが高周波電流は影響を受けにくい特徴を持っています。
 

コンダクタンス特定とキャパシタンス測定

全自動仕組装置
コンダクタンス測定とキャパシタンス測定は何が違う?
類似の角層水分量測定にキャパシタンス(静電容量)を計測する機器があります。キャパシタンスは電荷を蓄積する能力であるのに対し、コンダクタンスは交流電流を伝達する能力です。生きた表皮の細胞液は高い導電性を持つため、コンダクタンス測定では角層の保水能に影響されます。コンダクタンス測定はキャパシタンス測定に比べてより表層を測定しています。キャパシタンス測定はもっと深い層、おそらくは角層だけでなく表皮細胞の影響も強く受けた測定結果を返します。

測定時の注意事項

エンドコンベア
皮表角層の水分含有量は一定したものではなく、生体あるいは外部の環境のわずかな変化(ちょっとした発汗や湿度の微妙な変化)も反映し、変動する事がわかっています。従って測定環境条件は発汗の起こらない20℃前後、湿度30%~50%が理想的です。測定値がバラつく場合には皮表角層の水分が生体あるいは外部の環境によって変化しているのが主な原因ですので、測定環境を再確認することが重要です。

製品仕様

測定方法
定圧センサープローブ接触、高周波コンダクタンス変換方法
測定範囲
電導度(conductance)0~2000μS
測定周波数
3.5MHz
測定精度
分解能1μS、直線性誤差2%以下(0~2000μS)、5%以下(2000~3000μS)点滅
表示
デジタル表示
電源
AC100V~240V 50/60Hz
消費電力
100V:8VA、 240V:14VA
使用環境
温度 5~35℃ 湿度 70%以下 但し結露しないこと
推奨測定環境
温度 20℃前後、湿度 30~50%(発汗のない環境)
センサープローブ
標準プローブ(多重同心円式)×1
接続用コンピュータ
対応OS:Windows 7 (32 bit) / 8.1 (64 bit) / 10 (32 bit) / 10 (64 bit)
インターフェイス:USB×1ポート
(FTDI社のUSBドライバがインストールされている必要があります)
※対応OSは弊社にて動作確認した実績であり、お客様のOS環境での動作を保証するものではありません。
データ収集ソフト
CSV形式のファイルとして保存。測定値の偏差値、ヒストグラムの表示
寸法
D225×W240×H85mm
重量
1.2 kg (本体)
特許・実用新案
登録済 特許第3043634号

デジタルカタログ

SKICON-200EX
ヤヨイ
〒113-0033
東京都文京区本郷2丁目18番4号
TEL.03-3813-5816
FAX.03-3813-9189
■医療機器製造販売
■医療機器輸入販売
■理化学機器製造販売
■理化学機器輸入販売
■医療機器修理・保守
■理化学機器修理・保守
TOPへ戻る