皮表角層水分量測定装置 SKICON-200EX-USB
SKIN SURFACE HYGROMETER SKICON-200EX-USB
SKICON-200EX

簡単操作:
チューニング、カリブレーションの操作不要(自動調整)。 煩わしい操作なしに誰でも簡単に測定ができます。
センサープローブ:
多重同心円型センサーチップを採用することによって高感度で安定したデータが取れます。 その他、従来の単一同心円型から高感度乾燥肌用まで、各種センサープローブを取り揃えてあります。
信頼性:
歪みの少ない高周波正弦電圧と直線性を重視した、最も実績ある表皮角層水分量測定装置です。 (日本品質保証機構 [JQA]JIS T 0601-1試験済)
データ処理が容易:
コンピュータに測定値を取り込んでデータ処理ができます。
軽量:
1.2kgで持ち運びが容易です。
電源電圧:
無調整で広範囲な世界各国の電圧に対応できます。

寸法
D225×W240×H85mm
重量
1.2Kg(本体)


測定時の注意事項
皮表角層の水分含有量は一定したものではなく、生体あるいは外部の環境のわずかな変化も反映し、 変動することがわかっています。したがって皮表の水分は湿度の微妙な変化によっても動くし、 ちょっとした発汗でも大きな水分上昇がみられます。したがって測定環境条件は発汗の起こらない20℃前後、 湿度30%〜50%が理想的です。測定値がバラついている場合には皮表角層の水分が 生体あるいは外部の環境によって変化しているのが主な原因ですので、 もう一度測定環境をチェックすることが重要です。異なる環境下でも測定値が変化しない場合は、 水分が充分保たれている深部を測定しているか、鋭敏性に欠ける機器を使用していることが推測されます。 また歪みの少ない正弦波電流を用いる必要があります。


参考文献
1.Tagami H, et al: Evaluation of the skin surface hydration in vivo
by electrical measurement.
J. Invest. Derm. 75:500-507, 1980
2.H. Tagami, K. Yoshikuni: Interrelationship between Water-Barrier and
Reservoir Functions of Pathologic Stratum Corneum. Arch. Derm.
Vol. 121, 642-645, 1985.
3.M. Obata and H. Tagami: Electrical Determination of Water Content
and Concentration Profile in a Simulation Model of In
Vivo Stratum Corneum. J. Invest. Derm. Vol. 92, No.6 June, 1989.
4.H. Tagami: Quantitative Measurements of Water Concentration
of the Stratum Corneum
In Vivo by High-Frequency Current. Acta. Derm.
Venereol (Stockh) Suppl. 185:29-33, 1994.
5.Yamamoto Y: Measurement and Analysis of Skin Electrical Impedance.
Acta. Derm. Venereol (Stockh) Suppl. 185 34-38, 1994.
6.香粧品科学 日本香粧品科学会 20年記念 1995年 日本香粧品科学会
7.皮膚の医学 田上八朗著 中公新書 1467 1999年 中央公論社
8.化粧品の有用性 評価技術の進歩と将来展望 日本化粧品技術者会 
監修 武田克之 原田昭太郎 安藤正典 2001年 薬事日報社
9.機器を用いたスキンクリニック 皮層科診療プラクティス14
編集 田上八朗 宮地良樹 瀧川雅浩 2002年 (株)文光堂
10.Mila Boncheva, Johanna de Sterke, PeterJ. Caspers and
Gerwin J. Puppels: Depth profiling of Stratum corneum hydration
in vivo: a comparison between conductance and
confocal Raman spectroscopic measurements,
Experimental Dermatology, 18, 870-876, 2009

測定方法 定圧センサープローブ接触、高周波コンダクタンス変換方式
測定範囲 電導度 (Conductance) 0〜2000μS
測定周波数 3.5MHz
測定精度 分解能1μS、直線性誤差2%以下(0〜2000μS)
5%以下(2000〜3000μS)点滅
表示 デジタル表示、ホールド可能
電源 100V:10VA, 240V:15VA
使用環境 温度5〜35℃、湿度70%以下 ただし結露しないこと
推奨測定環境 温度20℃前後、湿度30%〜50%(発汗のない環境)
パソコン環境 OS:Windows XP/7/8/10 動作確認済み
インターフェース:USB1ポート
センサープローブ 標準装備×1